FC2ブログ

悩み完全解決ブログ

Home > ペット

2010.03.03 Wed スーパードッグフード 医食同源 ワンごはん

ワンちゃんを飼う際に毎日欠かせないのが「ごはん」です。

家族同然のワンちゃんにどんな食事を与えたらよいのか・・・
市販のドッグフードも沢山の種類があって、どれにしたらよいのでしょう?

きっと価格の高いものがイイのでしょうけれど、毎日の事なので経済的な
負担も大きくなるし・・・

ドッグフードの内容成分に心配はないの?

「食」に関する心配は人もペットも同じです。

そこで、薬膳をベースにワンちゃんの健康と経済性を考え、
「安上がりなのに、手軽に健康!安全安心な犬のごはん」
飼い主さんも同じメニューを食べられるスーパードッグフードのご紹介です。


<著者>

「横須賀真奈美 先生」

東日本放送 突撃ナマイキTV「ナマなキッチン」月曜~金曜9:55~に
レギュラー出演している料理の先生です。
調理師・野菜ソムリエであると共に、国際薬膳師・国際中医師の資格を持ち、
さらに現在鍼灸師の資格を取得中です。

「梅原孝三 先生」

調理師の免許を持つ獣医師 富谷動物病院 院長です。
獣医学会等で活躍している大人気の獣医さんです。

詳しいプロフィールは、こちらをご覧ください。

⇒ 大人気の獣医さんとTVでおなじみの料理の先生が作った 健康で長生き!簡単・格安! スーパードッグフード 「医食同源 ワンごはん」  


<専用レシピを作成します>

ワンちゃんには多くの犬種があり、体重も約2kg~約40kgと
違いがありますので、それぞれのワンちゃんによって同じレシピではないのが
当然です。

ご購入者様のワンちゃん専用のレシピをご提供します。


<獣医師に無料で相談できます>

ご購入から6ヶ月間は何度でも無料でご購入者様のワンちゃんのお悩み相談を
お受けいたします。

他にも沢山の特徴があり、ワンちゃんと飼っている方には大変興味深い内容が
盛りだくさんの教材です。

こちらに詳しく記載してありますのでご覧ください。

⇒ 大人気の獣医さんとTVでおなじみの料理の先生が作った 健康で長生き!簡単・格安! スーパードッグフード 「医食同源 ワンごはん」
 
スポンサーサイト



2010.02.07 Sun 藤井聡の犬のしつけ③

自分の飼っている愛犬に噛まれて、
家族全員、病院行き

というショッキングな記事を見つけました

⇒⇒⇒ 【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD 

このページは、日本一のカリスマ訓練士として、
テレビに何度も出演しているプロドックトレーナーの
藤井聡さんのサイトです

藤井聡さんは、生まれた時から50年以上、
犬と一緒に暮らしてきています

既に1000頭以上の犬を手がけています

日本のみならず、犬の世界選手権大会に
日本代表として出場して入賞するなど、
犬の全てを知り尽くした達人です

話は戻って、愛犬に噛まれてしまった家族ですが…

なんで、愛犬に噛まれたのでしょうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その原因は、あまがみ(甘噛み)です!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『え!?あまがみ???』

と思いますよね

子犬の甘噛みを甘く見てはいけません!

子犬の甘噛みは歯が抜けかわる時期の
行為なので、歯がカユイから、甘噛みをする
と言われていますが、

これは、ウソです!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
子犬が甘噛みをする本当の理由は、
群れで暮らすための順位決めをしているんです

兄弟や姉妹犬の間でも、上下関係があります
強い犬が上位になり、弱い犬は下位になります

人に甘噛みをさせていては、将来、
人を噛む犬になってしまいます

犬を飼っているならば、
愛犬のしつけを正しい方法で行う必要があります

藤井聡さんのサイトでは、
正しい愛犬のしつけとは、
何かを教えてもらえますので

一度、しっかり読んでみてください

⇒⇒⇒ 【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD 

P.S.
このサイトをアクセスするとプレゼントもありますよ



最後までお読み頂きありがとうございました

2010.02.07 Sun 藤井聡の犬のしつけ②

自分のウンチを食べる愛犬で悩む飼い主さん…
意外と多いんです!

あなたの愛犬はウンチを食べてませんか?
又は、ウンチを隠していませんか?

もしそうなら、
正しい愛犬のしつけができていません!

トイレのしつけができないからと言って、
愛犬を叱るのは、NGです。。。絶対ダメです!

犬は叱られると、自分の排泄物を隠す、
又は、食べるという行動をおこします

当然、犬の健康には良くありません!

しっかりとした、
~~~~~~~~~~~~~~~
正しい犬のしつけを行う必要があります
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先日、
日本一のカリスマ訓練士【藤井聡】の犬のしつけDVD
が販売スタートしました

⇒⇒⇒ 【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD 

このページを読むだけでも
あなたの愛犬が、なぜ?問題行動を起こすのかが
わかりますので、一度、読んでみて下さい

トイレのしつけも愛犬の健康に
とても大事なことですが、

あなたの愛犬は、散歩の時など、
拾い食いをしていませんか?

これも、犬の健康にとって良くありません!

拾い癖のある犬が、小石を食べ続け、
消化できず、胃に小石がたまり続け、死んでしまった。。。

という、ニュースもあります

これも、飼い主さんが正しい愛犬のしつけを
覚えることで無くすことができます

正しい愛犬のしつけとは何でしょうか?


正しいしつけとは、

飼い主さんが、愛犬に対して
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
強いリーダーシップを発揮することです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『?????』
何のことかわかりませんよね・・・

このページを読んでみて下さい
⇒⇒⇒ 【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD 

たった3つのしつけを覚えて、実践することで
愛犬の問題行動は無くすことができるんです

実は、問題行動を起こす犬は、
ストレスが溜まっているだけなんです

飼い主さんが、リーダーシップを発揮できると
犬のストレスは、無くなります

吠える、噛む、トイレができない、
引っ張る、散歩ができない・・・・・・・

正しいしつけを行うことで
愛犬のストレスがなくなり、
問題行動が、無くなっていきます


日本一のカリスマ訓練士として、テレビに何度も出演する
犬のしつけのプロ・藤井聡さんのサイトを
一度チェックしてみて下さいね

⇒⇒⇒ 【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD 
P.S.
このサイトをアクセスするとプレゼントもありますよ



最後までお読み頂きありがとうございました

2010.02.05 Fri 藤井聡の犬のしつけ①

一般的に知られている犬のしつけや飼い方は、
【ウソなんです!】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
例えば、

■玄関前で、鎖(くさり)につないで愛犬を飼っている

■毎日、愛犬に話しかけている

■愛犬が顔や口を舐められるのは、犬の愛情表現だ

■生後3ヶ月までの仔犬はワクチン接種をしていないので、
 病気が怖くて外に出さずに室内で飼っている

■たくさんほめて、しつけをしている

■家の中で自由に放し飼いにさせている

■私が家に帰ると、飛びついてきて歓迎してくれる

■飼い主の思いは、長く飼うと愛犬が理解してくれる

実はこれらは、世の中の間違った常識や情報から
多くの飼い主さんが行ってしまっている

間違った愛犬の飼い方、しつけ方、考え方です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先日、
日本一のカリスマ訓練士【藤井聡】の犬のしつけDVD
が初公開されました

⇒⇒⇒ 【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD 

このページを読むだけでも
正しい愛犬のしつけとは、何かがわかりますので、
一度、読んでみて下さい


ところで、なんで、
こんなウソが広まってしまったのでしょうか?

それは、
知識の乏しい犬のしつけの指導者にあります

知識の乏しい指導者が、メディアを通じて
間違った知識を広めてしまい、

飼い主さんがそれを信じてしまう・・・
悪循環が起きています。。。

例えば、

子犬の甘噛みを許してませんか?

あなたが外出する時、愛犬に
『出かけてくるね~』『良い子でお留守番しててね~』と
あいさつしてから出かけてませんか?

お散歩は、決まった時間に、
決まったコースを歩いていませんか?

これも、間違ったしつけ、飼い方です
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

犬には人間と違った文化と習性、特性を持っています

犬は群れで生きる習性があり、
その習性に合った方法でしつけを行わなければなりません

間違ったしつけをしていては、
あなたも、愛犬も、不幸になるだけです

正しいしつけとは何か?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

答えはここにありますので、
一度、アクセスしてじっくり読んでみて下さいね
⇒⇒⇒ 【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD

P.S.
このサイトをアクセスするとプレゼントもありますよ



最後までお読み頂きありがとうございました